Pangea Speed"Triumph"

2012 / 03  CATEGORY / CUSTOM

反則です!
かっこよすぎて言葉が出ない・・・

pangea_speed01.jpg
トランペット・マフラーがとってもCoooool!!





pangea_speed02.jpg
※詳細はバナーをクリックの上【Gallery】より

"センスがいい!"って、こういうこと!!

2012 / 01  CATEGORY / CUSTOM

まるで純正品と見間違えるほどのできです!
こういうのを"センスがいい!"っていうのですね。




wrote by モリキヨ【TBOC関東】

>> MORE

Modern Retro"Bobber"

2011 / 11  CATEGORY / CUSTOM

bobber_new_bonnie.jpg
かっちょええぇ~!!しかし・・・


ある意味理想的なNew Bonnie "Bobber"ですが、
フレームチョップ、ハードテール化してますので、
公道走ることはできませぬ・・・

現実問題、旧車乗ってる方々は
ハードテールにするのに苦労してるし
どうしてもノーマルのフレームであの雰囲気を
かもし出すのには無理があると思うのね・・・






>> MORE

Dylanに想いを馳せる・・・

2011 / 11  CATEGORY / CUSTOM

さて、先回からの続きです。
機能的なカスタムもいいけど、こういうのもいいよなぁ・・

dylan_mode01.jpg
T-120(1961~)のパターンをモチーフにしております。


タンクのカラーをリペイントしてます。※純正じゃないよっ!
オーナーは間違いなくDylanのファンだなっ(笑)



♪ How many roads must a man walk down~♪
(Blowin' In The Wind)



名盤"HIGHWAY 61"ジャケットより。Dylanの着てるteeシャツ、
そういやTriumphが復刻してましたね。



FIチューニング(Dynojet Power Commander5)

2011 / 09  CATEGORY / CUSTOM

Bonnnieのカスタム・メニューの中で、一番ポピュラー
なのがマフラーの変更です。

ノーマルのマフラーは年々厳しくなる"排ガス規制"をクリアーする為に
内部構造を変更して対応しています。
※初期マフラーと現行のマフラーの重量差は歴然としております。
クローズドのサーキットを走る時、この状態ですとbonnieの
ポテンシャルを十分発揮することができません。

そこでキャブ車の場合、抜けの良いマフラーにコンバートするわけです。
抜けが良くなった分、たくさんのガソリンを供給しないと意味がありません。
ですので、ジェット類の番手をより大きなものに変更、吸気効率を考えて
エアーフィルターの変更等、吸気排気系の改造をトータルに考えないと、
折角費用をかけたのにも関わらず"チューンアップ"ではなく
"チューンダウン"になってしまいます。
このキャブレターのセッティングというのは、非常に面倒くさい作業でして、
いろいろな要素の順列組み合わせで"more better"な
組み合わせを探っていく作業です。
まぁ、この作業自体快感に変わっていくことも多々あるのですが(笑)

上記作業を行なった後、「まだまだ~もっとレスポンスを良くしたい!!」
と考えるならば、高効率のキャブレターに変更する。
「これがおいらのBonnieかぁ?!」というくらい劇的に変化します。
このへんはryo【TBOC北海道】さんのレポが詳しいです。

何を言いたいかと申しますと、マフラーのみ変更しても
"エンジンにとって、何ひとつ良いことは無い"ということです。
※メーカーが車検対応、セッティング不要を謳っているマフラーは除く。

さて、ここから本題です。
近年のBonnieは気化器がキャブレターよりFIに進化しております。
キャブレターのように、各ジェット類を変更・・・
というわけにはいきません。
「歯切れの良い音色のマフラーに交換したいのになぁ・・」
と思われてるFI Bonnieのオーナー様、朗報です。

《追記2011/09/24》

たむ【TBOC関東】

>> MORE